武末高裕のECOTECH PRESS 技術を見に行く

環境技術と環境ビジネスの少し先を読む

レンタル、コンテナ型。簡単手軽に見える植物工場

 GPEC施設園芸・植物工場展(7月27日〜29日)が開かれました。

 一時ほどの人気はありませんが、植物工場の展示はありました。写真は三協フロンテアのレンタル植物工場。必要な設備機器はそろっているので、据え付けたらすぐに「植物工場参入」がうたえます。植物工場に興味はあるが、実際の生育はどうなのか、ビジネスになるのか。それを試してみたいというユーザーの利用も多いそうです。

f:id:take4e:20160727151544j:plain

f:id:take4e:20160727151617j:plain

(三協フロンテアのレンタル植物工場)

 コンテナタイプの植物工場もありました。菱電商事のブロックファームです。20フィートと40フィートの2タイプがあります。コンテナなので積み上げたり、横に並べたり、設置場所にあわせられるのが利点です。

f:id:take4e:20160727133610j:plain

f:id:take4e:20160727133529j:plain

(コンテナ型植物工場。空調、LED照明、液肥二酸化炭素供給など、必要な設備はすべてコンテナにまとめらています)
 そういえば、最近、水電解の水素製造装置、NAS電池などで、コンテナタイプが増えている印象があります。運搬や設置が簡単というのが魅力なのでしょう。
 コンテナ仕様は、いろんな分野、設備機器で増える可能性があります。