武末高裕のECOTECH PRESS 技術を見に行く

環境技術と環境ビジネスの少し先を読む

モノが宙に浮いたように見せる、来店者の感情を判定する。店舗は新技術の宝庫

 店舗販促EXPO(7月5日〜7日)です。初めて見ましたが、おもしろい分野ですね。

宙に浮いてるように見せるショーケース

 一見するとシューズが宙に浮いていると思うかもしれませんが、そう見えるだけで実際に浮いているわけではありません。浮いているように見せるための「フライビジョン」と呼ばれる技術です。

f:id:take4e:20160715223045j:plain

 開発したハンガリーの企業からライセンスを受けて新日本創業が国内で販売しています。技術の内容は秘密保持契約で一切、説明できないとのことでした。

買い物客の性別、年齢、感情が分かる映像解析システム

 店舗にくる顧客情報を解析する、映像解析システムです。アロバが開発、サービスを提供しています。カメラに映った人の顔認証などを行い、そのデータをクラウドに送り、性別、世代、感情を解析。リアルタイムでPCに表示します。

f:id:take4e:20160715223752j:plain

f:id:take4e:20160715223801j:plain

(顧客情報を解析しリアルタイムで表示)

 一番気になったのは感情の判定ですね。感情推移はhappiness、neutral、sadness、surprise、fear、angerに分類されています。どうやって判定しているのだろう。知りたかったのですが、残念ながら詳しい説明員がいませんでした。
 この映像解析システムがPOSなどの販売情報システムと連動したら、さらにおもしろくなりますね。