読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武末高裕のECOTECH PRESS 技術を見に行く

環境技術と環境ビジネスの少し先を読む

航続距離が短いとはもう言わせない、日産の次期電気自動車

 電気自動車の弱点といわれ続けてきた航続距離が大幅に伸びるかもしれません。PVJapanのエグゼクティブフォーラムで、日産自動車の矢島和男氏(EV・HEV技術開発本部アライアンス グローバル ダイレクター)は、同社の次期リーフの航続距離は格段に向上すると明言しました。

f:id:take4e:20160713215959j:plain

 講演の最後にそれを示す映像を流しました。見た目は普通のリーフなのですが、中身は違っていました。一瞬ですが、航続距離の表示が400km、500kmといったレベルになっているのを確認しました。つまり、現在の倍ぐらいの航続距離を実現していることが推測できるのです。
 バッテリーの改善と車両の効率化によって、EVは近場の乗り物、といったイメージが消える可能性があるのです。
 日産と資本業務提携が決まった三菱自動車もEVに力を入れています。日産はEV戦略をさらに進める、そのバッテリー技術もすでにある。これは新たなビジネス展開にとっても強力な武器になるでしょう。