武末高裕のECOTECH PRESS 技術を見に行く

環境技術と環境ビジネスの少し先を読む

ドローンは自分の使われ方を探していた

 前言(昨日の記事)を翻します。幕張メッセで開催されているTECHNO-FRONTIER 2016(主催:日本能率協会)に行きました。国際ドローン展が開かれていたからです。いままでまとまった数のドローンを見たことがなかったので、いい機会だと思いJR京葉線に乗りました。

f:id:take4e:20160420225742j:plain

 予備知識なしだったのですが、日本におけるドローンのポジションがいまどのあたりにあるのか、少し見えてきました。

 結論を言えば、ドローンのメーカーはニーズを探しています。ユーザーがメーカーになったケースもありました。メーカーが答えを提示できなかったから。だから自ら開発を始めたと経営者は語りました。
 詳細は明日以降に。